浮気 離婚活動

浮気されて離婚活動を決心。離婚を有利に進めたい。

浮気されて苦しい。離婚活動を決意するとき必要なのは「浮気の証拠」

許せない浮気

夫(妻)の裏切りが許せない。離婚活動を考えた方がいいかも。

 

一生を添い遂げると誓い合ったのに、裏切られる辛さは計り知れないものがありますし、なかなか人に言えない悩みなので、苦しみが積もっていくばかりです。子供がいる場合など、その浮気が悪影響してしまうことが多いので、早めの決断が必要になります。

 

離婚活動を有利に進めるためには、あなたの配偶者とその相手の、明確な浮気の証拠が必要になります。

 

その証拠を自分で揃えることが出来る人もいますが、多くは仕事や家事、子育てなどに時間を取られて、証拠固めさえままならないものです。
上手く証拠を撮るための時間を作ることが出来たとしても、素人の追跡は行動が不審すぎて、バレやすくなります。
素人が浮気の証拠を集めるのは無理があるので、止めた方がいいのです。

 

やはり、円滑な離婚活動のための浮気の証拠は、証拠取り・追跡のプロである熟練の探偵に任せる必要があります
素人ではなかなか撮れないような、あなたの配偶者も、その浮気相手も絶対に言い訳できないような証拠を撮って、あなたの離婚活動を有利にしてくれるでしょう。

 

有無を言わせない証拠を撮る探偵は、あなたの苦しみを理解できる探偵でもあります。

浮気調査40年以上の実績、浮気された辛さを理解してくれるメンバーと有無を言わせない決定的な証拠収集力で、あなたの決意を支援します。無料相談が解決の一歩になります。

 

浮気調査の凄さを多数のテレビの取材協力で実証してきた原一探偵事務所ですが、テレビで見せている部分はほんの小手先の技術です。四十年・七万件。掲載基準の厳しさが別格過ぎると言われる県庁ホームページで探偵業者として唯一掲載されるなどの実績と信用がある原一探偵事務所の本当の凄さは
浮気している、または浮気の疑いがある、あなたの夫(妻)や浮気相手が、素直に不貞を認めてしまうような「有無を言わせない証拠力」、その証拠力を実現させる「技術力」、浮気で苦しむあなたの気持ちを理解できるスタッフ達の「共感」です。

 

 

インフォ黄緑中 公式サイト - 朱二重矢印右 朱二重矢印左

 

原一の調査技術と証拠力

浮気調査では、浮気をしている(浮気をしているかもしれない)あなたの夫(妻)と、その浮気相手を「追尾対象」といいます。
原一探偵事務所は、この追尾対象に「探偵が調査・追尾している」ことがバレないどころか、感づかれもしない技術が凄いのです。
原一のある調査員は言います。「調査技術があれば、追尾対象のすぐ近くで写真を撮っても気付かれません。」
しかも、その写真がラブホテルの入り口付近(建物の外)で撮られた物でなくて、「ラブホテルの中」のフロントで浮気カップルが寄り添う写真などを狙うので、有無を言わせない証拠力に雲泥の差が出ます。

 

離婚届

原一は多くの離婚弁護士とのパイプがあります。もちろん、あなたの離婚活動が有利になるよう、離婚案件を多く取り扱っている弁護士やカウンセラーを紹介できます。どういった証拠なら、あなたの離婚活動が有利になる証拠になるかということも解っています。

 

「お子さんの親権も考えての証拠なら、相手が黙り込むような証拠がいいですね。そういう証拠や資料は弁護士も 勝てる証拠 として認めてくれます。」というような話になることもあります。

 

原一探偵事務所には、浮気相談や追跡・証拠固めの相談を何年も受けているベテラン相談員がいます。
相談員があなたの苦しみや辛さに共感して、親身に、あなたの力になってくれます

明確な証拠を取る(撮る)ための技術があります。

原一の調査技術を紹介

歩きの追尾は複数人の探偵を、車で追尾するにも複数台の車両を使うのが原一探偵事務所です。

 

例えば、あなたの夫(妻)と浮気相手(←追尾対象)が、車(車両Z)で移動しているのを、探偵車両Aで追尾しているとします。
電話をするためなどで車両Zが路肩に停車したとき、数台後ろで追尾している探偵車両Aがその後で停止すると調査に感づかれてしまいます。こんなときは調査バレ防止のために、車両Aは車両Zの横を通り過ぎることが鉄則です。ですが、探偵車両Aが通り過ぎて車両Zを見失っても、追尾を続けなければいけません。
そんなとき探偵車両Aのかなり後方から付いてきている、探偵車両Bに追尾を交代するのです。
さらに、追尾対象が車両Zから出て歩き出した場合も、近くで追尾している探偵車両ではなく、かなり後方の車両に乗っている探偵が歩きで追尾するなど、万全の体制で追尾対象に気付かれない調査を徹底するのです。
こういった、一つの調査案件で必ず複数の車両や探偵を担当させることができる「組織力」追尾対象に気付かれない「追尾技術」があるから、ある意味「問答無用」の「決定的」な証拠を撮ることが出来るのです。

 

タイミングを逃すと通報されて調査バレするリスクを超えて

例えば、歩きで電柱に隠れながら追尾対象の浮気カップルを追いかけたら挙動不審の変質者に思われて通報されてしまいます
通報されて警官に囲まれて、探偵だとばれてしまえば調査バレになってしまうこともあります。
特に公園でデートする浮気カップルを撮ろうとするときは、身を隠す物がほとんどありません。または、あったとしても身を隠しながら写真を撮ったら怪しくて即通報されます。
ですが、公園は浮気カップルの気分が開放的になるのでかなり濃い浮気の証拠を撮るチャンスでもあります。
身バレ・調査バレと有無を言わせない証拠の駆け引きでもあります。

 

そんなとき、少し離れた場所にいる浮気カップルが公園のベンチに座ってイチャつきました。接近して証拠を撮りたい!だけど公園で浮気カップルにカメラを向けられない!望遠レンズを付けたカメラが最適だけど大きすぎて目立つ!障害物はあるけど、盗撮と勘違いされて通報される可能性がある!
こんな状況でも、原一の調査員は堂々と写真を撮ってしまいます

チャンスを逃さない技術

堂々と写真を撮る方法は、調査員AとBの写真を調査員Cが撮るのです。

 

浮気の証拠を撮らないといけないのに、追尾対象者じゃなく、調査員が調査員の写真を撮るって・・・
お前、アホか?
と思いましたか?

 

例えば
ベンチの浮気カップル
  10メートル離れて
調査員AとB(浮気カップルに対して後ろ向き)
  2メートル離れて
調査員C(ABにカメラを向けている)

 

と、それぞれを一直線に並ばせて、友達同士を装った 調査員AとBの記念写真を撮る振りをした調査員Cが、調査員AとBが並んでいる隙間からベンチの浮気カップルを撮るのです。
浮気カップルからすれば、自分たちに対して後ろ向きで横に並んだ調査員AとBしか見えませんから、安心して抱き合いながらキスをしているのです。
調査員Cはそれをバッチリ撮影します。

こういう証拠が、有無を言わせない明確な証拠

浮気されたら離婚活動

難しい場所でも確実に撮る「証拠力」

例えば浮気相手のマンションの自室に入ろうとする二人(浮気カップル)を撮るチャンスはほんの数秒です。
このとき、すでに部屋に入ろうとする二人に感付かれず、二人の顔とマンションのドアが確実に写る絶好の撮影場所を押さえているかが勝負所です。
とはいうものの、ホテルと違いマンションは不特定多数の出入りが無い環境なので、証拠写真や動画を撮るのが一番難しい場所です。

 

原一探偵事務所は、難しいとされるマンション密集地帯での撮影も、複数の探偵を「追尾担当」「撮影場所探索担当」「撮影担当」等に分けて分業させ、わずかなチャンスを逃しません。さらに、できる限り決定的な瞬間を撮るために、例えばマンションの浮気相手の部屋が10階なら、他の建物の12階などを撮影場所に選ぶ努力も怠りません。

 

このような組織力を生かした技術を使うと、2メートル離れただけの距離から、抱きつく浮気カップルの真正面の写真を撮っても気付かれません。
こんな写真や動画を撮られたら、浮気の言い訳が出来ないですよね。これが原一の「有無を言わせない証拠力」です。言い訳できない証拠を掴む力が、原一にはあります。

 

報告書の見本を実際に見せてもらいました。

原一探偵事務所の報告書の見本を、その報告書内の写真を撮って報告書作成をした調査員さんに見せてもらいました。
調査員さんは、白いワイシャツに紺のスラックス、黒い革靴の、どうみても普通の人です。

 

(ちょっと生々しいので、少し柔らかい嘘を混ぜて書かせて頂きます)
見本なので、全ての写真の人物にモザイク加工がしてありますが、モザイクが無ければどんな人が写っているか確実に解る写真でした。
浮気カップルが、公園でお互いの首に腕を回しながらキスしています。
次の写真では、キスがもっと激しくなり、お互いの腕に力が入って密着度が激しくなっているのが解ります。
その次の写真では、キスが激しすぎて、確か男性の口からヨダレが出ているのが解ります。

 

キス写真は望遠レンズで撮った写真ですが、他のページをめくると、いかにも近くから撮った感じの手をつなぐカップルの写真がありました。
キス写真は、大きな機材を使うのを得意とする調査員が撮って、手をつなぐ写真は、説明してくれた探偵が撮った物だそうです。説明してくださった探偵さんは歩きの追跡が得意なのだそうです。追跡方法・扱う機材など、得意手法で担当を分けて班行動をする念の入りように驚きです。

 

報告書の全ての写真に日付・時間・分が明記されています。
この報告書の写真、刺激が強すぎてテレビなどで放映できる訳がありません。目線にモザイクがあってもネットで公表できません。
報告書を見て思ったのですが、テレビでよくある浮気追跡をしている探偵の証拠映像や証拠写真は「放映できる範囲」の、探偵業としては初歩的なものだったのです。

 

有無を言わせない明確な証拠は部外者が見ても生々しいのです。これを当事者本人や身内が見たらかなりショックだと思います。
こんなの見せられたら、二度と浮気なんかしないと思うでしょうね。

 

 

インフォ黄緑中 公式サイト - 朱二重矢印右 朱二重矢印左


費用の請求は一回だけ。追加費用はありません。

探偵の費用ってどうなってるの?

探偵の費用ってどうしても高くなるイメージがありますし、決定的な証拠を掴んだら、証拠の質が良いほど高額な料金をふっかけられるイメージもあります。

 

原一探偵事務所をゴリ押しするわけではありませんが、調査員(探偵)を必ず2〜5人の複数人チームにし、車両も必ず複数台使うこともかなりのコストですが、この体制で一日5時間から多いときで12時間くらい追い続けるのです。(たまに48時間くらい追うこともあるらしいです。)さらに、探偵独自の機材は超高価なものを、一人で4種類以上身につけて追いかけるのも、かなりのコストがかかります。
それでも定額料金で見積を超える費用の発生は絶対無しという料金体系は凄いと思います。

 

本社・支社を出る→現場→車で追尾→本社・支社に帰社する。の往復で100kmの移動になることもあるそうです。
ちなみにタクシー2台を100km走らせると45000円x2台で9万円くらいになるそうで、追尾がどれだけコストがかかるものか分かると思います。
(原一は出張料金とか累積走行料金みたいな物も無いので安心してください。)

 

調査後明細請求の場合

良い探偵事務所ですよ

探偵の費用は、探偵事務所や会社によって様々で、基本料金、人件費、調査員費用、調査機材費用、車両費用、交通費・ガソリン代その他経費、報告書作成料などが細かく決まっている探偵事務所もあります。

料金設定が細かできている利点は、着手金が凄く安いことですが、気を付けて頂きたい料金が「成約料金」なんです。この成約料金が税込みで明確にに設定されているのでしたらまだ良いのですが、成約料金が明示されていない場合があります。

 

証拠取りに失敗したら成約料金なんて要りません。という親切料金に見えますが、誰もが認めてしまうような強力な証拠が撮れたとき、「成約料」が凄く高くなる場合があります。
浮気の証拠は目の前にあるのに、成約料金が高くてその証拠を「買うことが出来ない」というのは本末転倒です。

 

また、最初から明示できない料金もあります。
「諸費用別」「諸費用は調査終了後に精算」これも気をつけたいですね。調査終了後にとんでもない金額を請求される場合があります。

 

費用の疑問は納得出来るまで聞きましょう

どんな探偵事務所でも、もし、料金に納得がいかない場合はしつこく聞いていいです。
本来、探偵に依頼するなんて事が一生に一度もあってはならないのです。そんな人生の一大事に捻出する費用なのですから、料金について納得いくまで聞いて当たり前です。
そういう気持ちも解らない探偵事務所なら多分良い仕事をしてくれないでしょうから辞めるべきです。料金をしつこく聞いてイヤな顔をする探偵事務所は避けて当然です。
しっかりした、信用ある探偵事務所は、料金についてしつこく聞いても、あなたの不安な気持ちを汲んでイヤな顔をせず真摯に応えてくれます。

 

調査前に総額費用提示しています。追加料金はありません

原一は全ての費用込みの金額です。
さらに「見積もり提示金額を超える費用は一切不要」になっているので、追尾距離・証拠の質にかかわらず、後から追加費用が発生する心配は全くありません。
この「見積時の料金だけ請求」の欠点は、最初は凄く高額に見えてしまうことですが、とても良い点は「調査終了後」では無く「調査開始前・契約前」に費用全額がわかることです。

あなたの苦しみに共感できる相談員と探偵が勢揃い。

無料なのに、相談にこだわっています。

堅いこと書くと、探偵事務所の浮気調査は「相談」と「調査」「アフターケア」に分かれるといえるでしょう。
特に相談業務は創業して40年以上相談を受けてきた歴史でもあるので、無料であるにもかかわらず無いようの濃さと安心感があります。
メール相談、チャット相談、電話相談の、3種類の相談がありますが、電話の相談率が9割近くだそうです。
浮気されている苦しみや今後の不安、決意した離婚を誰かに聞いてもらいたい、吐き出したい気持ちが、電話相談9割という数字になるのでしょう。

 

ベテラン相談員

電話の無料相談でいいので、まず相談して頂いて、あなたが浮気で苦しんでいる今の状況や、辛い気持ちをゆっくり聞かせて欲しいのです。浮気される苦痛に共感できるベテランの女性相談員が相談に乗ってくれます。

同時にあなたの決意を支えてくれます。相談員的に電話相談で一番大切なのは、相談者さんの立場に立つことであって、勧誘することでは無いのだそうです。
むしろ勇気を持って行動するよう励ますので、浮気に苦しむ相談者さんは大分スッキリするそうです。

 

正社員のこだわりがあります。

原一の相談は、正社員相談員による24時間無料相談ですが、素人やバイト・社外コールセンターを使わない理由は
「原一が離婚問題を解決してきた方々が、正社員相談員に相談出来たことがよかったと言っていたから」です。
正社員だからこそ、苦しむ人の悩みや苦しみを何度も聞いて、その人達の苦しみを原一の調査員が解決するのを何度も見てきた蓄積があるのです。
その蓄積があるから相談員は苦しむあなたに共感でき、的確なアドバイスができるのです。
24時間無料にしている理由は、泊まり込みで浮気している最中が相談出来るチャンスということもある。という、ちょっと悲しい理由です。

 

調査員も全員正社員。あなたの苦しみの早期解決に奮闘します

原一の探偵(調査員)は、研修期間が最低一年で、相談員同様バイトや素人を使いません。研修が終わっても最前線に出るまでさらに2年近い修行期間を要します。
原一の探偵は本当に普通の人です。テレビによくある変人的なキャラクターではありません。
普通の会社の普通の社員みたいです。そう見えるのも目立たない調査で確実な証拠を取るためなのです。
多くの、浮気に悩む人たちに関わり、その悩みを解決してきたからこそ、男性調査員であっても女性調査員であってもあなたの苦しみが解る人たちです。

 

もちろん、証拠を撮ったら報告書にまとめて終わりではありません。
原一に依頼して証拠を撮った後の離婚活動が円滑に進むよう、離婚に強い弁護士やカウンセラー紹介などのアフターケアも万全です。

 

「遅い時間にもかかわらず電話に出られた方の丁寧な対応に甘え結構長い時間話をしたと思います。」という相談者さんの声があります。
変な書き方ですが、原一探偵事務所は「ちょっとでも原一が気に入ったら是非話を進めてください」といったスタンスなので、勧誘する意味が全くありません。
勧誘を気にすること無く電話相談が出来る、人と環境があります。

 

 

インフォ黄緑中 公式サイト - 朱二重矢印右 朱二重矢印左


このページの先頭へ戻る